インプラント適用

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。
それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
詳しく調べたい方はこちら⇒歯の汚れの原因を調べる

robin

コメントを残す