大きな関門

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。
そうなる理由として、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。
そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒歯磨き粉で歯の汚れを取る

robin

コメントを残す